電話占いがよく当たる理由


電話占いが好き、電話占いがよく当たるから好きだという人もいます。電話占いは実際に他の占いよりは当たる確率が高いです。何故当たる確率が高いのか不思議に思う人もいるのではないかと思います。今回は電話占いがよく当たり理由について説明します。

1.電話の中にヒントが隠されている

電話の中にヒントが隠されているはずがないとまだ答えている人もいると思いますが、実際は隠されています。電話では最初に悩みを相談したり、占い師が色々声をかけたり質問するときもあります。実はこのやり取りの中に隠されています。最初に悩みを聞き出すことによって、恋愛についてや人付き合いの悩み、何に悩んでいるか想像がつきます。今悩んでいることを中心的に話すことで、恋愛の悩みなら占い師だったらどうする、今までの話し方からどう相手が答えるか予測します。他のサイトでは霊感とか霊視と書かれているものもありますが、半分は一種の心理的才能でもあります。電話で占うため、占い師が今何をしているのかは実際悩みを話している人にとっては分からない人もいます。電話で悩みを聞き、電話口や違うときにタロットやカードで占って参考にしている人も中にはいます。主に電話でぎりぎりまで悩みを聞き出し、後は占い師の力で考えるのが一般的です。特に霊感が本当にあるという人は当たりやすいですが、タロット等を参考にしていると稀に外れることもあります。

2.占いが当たったかのように思わせる

先ほどの見出しの説明と違い、今度は言葉に関する仕掛けになります。例えばあなたは落ち込むところがあり、よく引きずっていることが人付き合いのマイナス面と言われる場合もあります。一見これは当たったと思い込む人が多いですが、これは当たったのではなく誰でも持っている性格です。落ち込むと暫く悩んでしまうことは誰でもあります。引きずってずっと悩んでいれば他人は話しかけにくいし、顔に悩みが出ている表情をしていればますます話しかけにくいです。電話の中で顔に出やすいと違うときに話していればこうした答えが出てくる発言も多いです。悩みを参考にし占い師が当てていくことで、本人はあたかも当たったと思わせ信じ込ませます。これは電話占いもそうですが、どの占いにもあるやり方です。

3.占い師は曖昧な発言はしない

先ほどと同じことですが、人をより信じこませるためには曖昧な発言は避けています。もしかして、きっと、だろうなどの言葉は避け、あなたは必ずこうしていますと断定した発言をし、本人がその気になったように思い込ませます。曖昧な発言があると、この占い師当たるのか当たらないのかという信頼に欠けてしまい、悩みよりも信頼のことで心配し始めます。1度疑われてしまうと人によっては徹底的に占い師のことを探り出す人もいます。当たっても当たっていなくても最後は当たらないと思わせてしまう結果になります。だろうではなく、です、ますなどはっきりした言葉が電話占いではよく使われます

まとめ

電話占いは当たりやすいですが、先ほども説明したように100パーセント当たるわけではありません。その理由は相手から半分聞き出した悩みのため、本当のことや実際にどうなのか分からない部分も多少あります。これを補っているのが断定発言、聞き方、話し方、思わせ方です。これが1つでも欠けていると鑑定してもらう人は信じることが出来なくなってしまいます。タロットで占う人も霊感で占う人も最終的にはこの4つが揃っています。どの占い師でも同じことが言えます。電話は相手の目を見て話さないから分かりにくいのではなく、電話だからこそ見えないところでタロットをしたり鑑定したり考えたりするゆとりがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です