電話占いでよく当たる占い師は、本当の心理状態などを的確に指摘できる占い師です


電話占いで、よく当たる占い師の特徴は、相談者が占い師に話していないにもかかわらず、現在の相談者や対象者の心理状態や、相談者や当事者がいる場所の形状を言い当てる点にあります。洞察力が高かったり、一種の霊能力を持っているのだと推測できます。
これから、その具体例を書いてみたいと思います。

よく当たる占い師は、気持ちを言い当てる

電話占いで相談する内容で、もっとも多い内容が恋愛相談や不倫に関する相談です。友人や知人に相談しても「頑張ればいいじゃない」とか「相手に尽くせば、いつか気持ちが通じるよ」などと前向きなアドバイスが多いため、実際は参考になりません。そのため、電話占いの占い師にすがる思いで相談することになります。
電話占いのよく当たる占い師の特徴としては、相談者の「迷いの気持ち」を言い当てる点が挙げられます。
具体例としては、独身女性が、恋愛関係にある男性との交際を続けても良いのか、それとも別の気になる男性のアプローチを受け入れて新たに交際を始めるかを占い師に相談したとします。そのとき相談者の女性は、自分の年齢や、相手の男性の年齢などのスペックを占い師に伝えますが、伝える情報はあくまでもスペックだけです。
ところが、このとき占い師が「あなたが本当に迷っていることは、結婚対象としてどちらの男性が良いかどうかですね」とか、「あなたは、交際している男性に対しては不満を持っていますね。だから気持ちが揺らいでいますね」と相談者の気持ちの状態を的中させれば、この占い師はよく当たる占い師と判断できます。
さらに「あなたは、交際している男性との性生活に不満を持っていますね」とか「あなたは、いま交際している男性よりも、あなたにアプローチしてくる男性の年収の高さに魅力を感じていますね」とストレートな表現で、相談者の気持ちの状態を的中させたら、もはや占い師のアドバイスにしたがって行動したほうがベストといえます。

よく当たる占い師は、場所を言い当てる

電話占いでは、恋愛相談や不倫の相談だけではなく、不動産の購入や、自宅のリフォームなどについても相談することがあります。一生に一度しかできない高い金額の買い物ですから、占い師に相談してアドバイスをもらってから、不動産を購入するか否かの決断をするケースは普通にあります。
電話占いで、占い師に「分譲マンションや戸建て住宅を購入しても良いか否か」や「リフォームするとき玄関の方角を変更しても問題ないか」を相談するときに、細かい情報は伝えずに、おおざっぱな情報しか伝えない状態で、占い師がその不動産の地形や周囲にどのような建物が建っているかなどを的中させた場合には、この占い師のアドバイスは「当たる」もしくは「信頼できる」と判断して問題ありません。
具体例としては、築40年の古い戸建て住宅を大幅にリフォームすることを決断したが、リフォームする際に汲み取り式の和式トイレを、下水道に直結させた水洗トイレに変更したいが問題ないかと占い師に相談したとします。
そのとき、占い師が「お宅の土地と、お宅の北側に隣接した家との間には1メートルほどの段差がありますね」などと地形を的中させたり、「お宅のトイレは北側に設置されており、隣に和室がありますね」と自宅内の間取りを的中させるようであれば、あきらかにその占い師には、なんらかの特別な能力があると判断して間違いありません。
自宅の地形や、自宅内の間取りを的確に言い当てるということは、一般人にはできないことです。このような特別な能力を示すことのできる人物は、よく当たる占い師と判断して、占い師のアドバイスに素直に従ったほうが良いです。

このように、電話占いのよく当たる占い師とは、相談者の本当の心の動揺を的確に指摘したり、眼に視えない土地の形状などを的確に指摘できる能力を持った人物といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です